堺市の新築の賃貸物件|こころ不動産深井店 > こころ不動産 深井店のスタッフブログ記事一覧 > 3人家族が暮らしやすい間取りの比較と利点・欠点を解説!

3人家族が暮らしやすい間取りの比較と利点・欠点を解説!

≪ 前へ|富田林市の住みやすさをご紹介!豊かな自然と利便性の都市開発!   記事一覧   賃貸物件のベランダでタバコを吸うことはできる?トラブルを防ぐ対策とは|次へ ≫
カテゴリ:ファミリー

3人家族が暮らしやすい間取りの比較と利点・欠点を解説!

3人家族が快適に暮らせる住まいは、国土交通省の調べによると75〜100㎡は必要とされていますが、その広さではどのような間取りを選ぶことができるのでしょうか?
1LDK・2LDK・3LDKそれぞれの間取りを比較し、住むのに向いている家族の特徴から見逃せない欠点まで解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

1LDKを比較!未就学児のいる3人家族におすすめの間取り

1LDKを比較!未就学児のいる3人家族におすすめの間取り

これから赤ちゃんを迎える、または生まれたばかりの赤ちゃんと3人家族になった方におすすめする間取りは1LDKです。
ほかの間取りと比較してどのような点に優れているか、将来的に問題となる点や1LDKの特徴と合わせて解説します。

間取り別の特徴!1LDKは室内状況を把握しやすい

1LDKは、リビング・ダイニング・キッチンが1つの空間として接する広い空間に、寝室となる1部屋があります。
3人家族向けのみならず、賃貸物件で夫婦・カップルや広い部屋を希望する一人暮らしの方向けにもおすすめされるよくある構造です。
食事や寛ぎのスペースとしてのリビングと就寝するための寝室が分かれているので、暮らしにメリハリを持たせることができます。
1つの空間を共有するダイニングキッチンは、リビングとひと繋ぎにすることでより広さが確保できるので、3人家族ならばゆったりと過ごすことができるでしょう。

1LDKの住まいに向いている家族の特徴とは?

1LDKの住まいに向いている3人家族の特徴は、元気に動き回る小さい子どもの様子を見守りやすいことから、赤ちゃんから未就学児までの子どもがいるご家族です。
赤ちゃんのうちは授乳やおむつ替えなどのお世話に忙しいため、道具を出したり片付けたりする手間を、少しでも省いたほうが楽になります。
広すぎない1LDKでは、ほかの間取りと比較してコンパクトにまとまっている分、掃除や片付けなどの動線が短縮できるのが利点です。
家族との絆が形成される大切な乳幼児期に、家族が常にそばにいる安心感を子どもに与えられる点も、1LDKの良さと言えます。

1LDKの欠点?プライバシーの確保が難しい

1LDKは赤ちゃんや未就学児などの小さな子どものいる3人家族には、ほかの間取りと比較して家族が一緒にいる時間を作りやすいなどのメリットがありますが、欠点もあります。
寝食の空間を分けられる良さはありますが、部屋は隣接しているためにリビングの音が寝室へと響いてしまうことは避けがたいです。
荷物を収納する部屋は限られてしまうので、子どもの服やおもちゃが増えていくと片付けるのが困難になってしまうでしょう。
また、子どもが成長するにしたがって、常に家族が一緒にいることに息苦しさを感じてしまう可能性も考えられるため、将来的に引っ越しを考える必要があるかもしれません。

2LDKを比較!3人家族が快適に暮らせる間取り

2LDKを比較!3人家族が快適に暮らせる間取り

2LDKは子どものいる3人家族からもっとも人気があり、家族それぞれが快適に暮らせる間取りとして一般に浸透しています。

間取り別の特徴!2LDKは広さと部屋の有効活用

2LDKは、キッチン・ダイニング・リビングのほかに部屋が2つあり、3人家族が暮らすには最適な広さと部屋数を備えています。
リビングダイニングのほかにも部屋が2つあるので、1部屋をもう1つのリビングにしたり、書斎として利用したり、家族のライフスタイルに合わせた使い方が可能です。
子どもが小さいうちは家族が同じスペースで過ごし、子どもが成長するとともにプライベート空間を分けるのも難しくありません。

2LDKの住まいに向いている家族の特徴とは?

数ある間取りのなかでもっとも人気の2LDKは、子どもが成長しても住み替えの必要がないことから、子どもの年齢を問わずに3人家族のどなたにも向いていると言えます。
子どもが小さなうちは1部屋は荷物置きや子どもの遊び場として活用し、子どもが成長したら子ども部屋として模様替えすることも可能です。
このように、部屋数が少ないわけでも余るほど多すぎるわけでもない2LDKは、ほかの間取りと比較してライフスタイルの変化に柔軟に対応できます。
子どもがもう1人増えても、個室を半分に区切って使うなどすれば、そのまま住み続けても手狭に感じることはないでしょう。
1LDKと比較するとリビングはより広く造られているので、広々としたリビングでゆったり寛ぎたい方にもおすすめです。

2LDKの欠点?荷物が増えすぎると収納が不足する

子どもが成長しても住み続けられる住まいだという安心感から、つい荷物を増やしすぎてしまうと、せっかくの広いリビングダイニングや個室に荷物が溢れてしまう可能性があります。
収納スペースに収まりきらない荷物を片付けるため、新たにチェストなどの収納家具を置こうとすると、収納家具そのものがスペースを圧迫して、問題の根本的な解決とはなりません。
荷物はとりあえず取っておこうとすると瞬く間に増えていくので、こまめに荷物を整理し、必要ないものを処分する作業が定期的に必要です。

3LDKを比較!3人家族が個室を持てる余裕の間取り

3LDKを比較!3人家族が個室を持てる余裕の間取り

さらに1つの個室が追加される3LDKでは、3人家族はそれぞれの個室を持つことが可能で、子どもをもう1人ほしいと思ったときにも部屋数に困りません。

間取り別の特徴!プライベート空間を確保できる3LDK

3LDKは、10畳以上のリビングダイニングキッチンを持ちながら、ほかに3つの個室がある構造をしているため、ほかの間取りと比較すると広い住まいとなります。
3つある個室は、家族それぞれの個室や目的別の部屋として利用することができるので、家族の共有時間とプライベート時間をきっちり分けることが可能です。
3人家族が暮らすには十分な広さと部屋数がありますが、子どもがもう1人増えても住み替えの必要なく暮らし続けられます。
また、仕事用の書斎やシアタールームなどの趣味用の部屋を持ちたい場合にも、3LDKは適した間取りと言えるでしょう。

3LDKの住まいに向いている家族の特徴とは?

3LDKの住まいに向いている家族の特徴とは、荷物が多い・今後子どもが増える予定がある・個人のプライベートを尊重したい方などです。
これまでの間取りでは荷物が増えると収納に困ってしまう欠点がありましたが、3LDKともなると部屋数も収納スペースの広さも、3人家族には余裕があります。
また、家族それぞれが個室を持ち、充実したプライベート空間を楽しむことができるのも、3LDKの持つ魅力の1つです。
リビングダイニングは10畳以上の広さとなるため、家族で過ごすスペースが狭くなることはなく、住まいのどこにいても広さを実感できます。
子どもが増える可能性がある夫婦にも、3LDKならば住み替えを考える必要はなく、お気に入りの住まいで暮らし続けられるでしょう。

3LDKの欠点?住居にかかる費用が高くなる

ほかの間取りと比較して家賃が高くなってしまうため、住居にかかる費用が家計を圧迫しかねない欠点を抱えることになります。
子どもの成長や荷物の増加に合わせた住み替えを考えずに済むほどの広さと部屋数ではありますが、住む前にライフプランに無理はないか、じっくり考える必要があるでしょう。
また、部屋数が多くて1部屋が広いということは、冷暖房などの光熱費もほかの間取りと比較すると高くなりやすいため、支出が増えすぎないように家計を定期的に見直すのがおすすめです。

まとめ

夫婦2人と子ども1人の3人家族は、ライフスタイルが大きく変化しやすい家族構成をしているため、将来を見越した住まい探しが重要となります。
家族のプライベートの確保、家族で過ごす時間の作りやすさなど、自分がもっとも大切にしたい住まいのポイントは何か、探してみましょう。

こころ不動産深井店への問い合わせはこちら



≪ 前へ|富田林市の住みやすさをご紹介!豊かな自然と利便性の都市開発!   記事一覧   賃貸物件のベランダでタバコを吸うことはできる?トラブルを防ぐ対策とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


山洋宿院ハイツ

山洋宿院ハイツの画像

賃料
4.5万円
種別
マンション
住所
大阪府堺市堺区寺地町西3丁
交通
寺地町駅
徒歩4分

堺市中区八田北町戸建

堺市中区八田北町戸建の画像

賃料
6.9万円
種別
一戸建て
住所
大阪府堺市中区八田北町
交通
深井駅
徒歩26分

サニーハイツ堺4号棟

サニーハイツ堺4号棟の画像

賃料
7.5万円
種別
マンション
住所
大阪府堺市堺区七道西町
交通
七道駅
徒歩6分

岸和田市額原町戸建

岸和田市額原町戸建の画像

賃料
5.9万円
種別
一戸建て
住所
大阪府岸和田市額原町
交通
下松駅
徒歩12分

トップへ戻る

LINE

来店予約