堺市の新築の賃貸物件|こころ不動産深井店 > こころ不動産 深井店のスタッフブログ記事一覧 > 【2023年版】賃貸物件でも使える「電子契約」のメリット・デメリットとは?

【2023年版】賃貸物件でも使える「電子契約」のメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|【2023年版】いつがベスト?一人暮らしを始める年齢別のメリット・デメリット   記事一覧   【2023年版】アパートとマンションの違いって何?どちらが向いている?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸契約の豆知識

賃貸物件でも電子契約が可能!電子契約のメリット・デメリットを解説

さまざまなものが電子化されるなかで、賃貸物件の賃貸借契約についても2022年5月からオンラインで契約できるようになりました。
今回は、オンラインで契約できるようになった賃貸物件で電子契約の概要とメリット・デメリットについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でも可能な「電子契約」による賃貸借契約とは?

賃貸物件でも電子契約が可能!賃貸借契約の電子契約とは

直接対面して契約するのが当たり前だった不動産業界ですが、これからは賃貸物件に入居する際には、データ化された文書に署名する契約方法が主流となるかもしれません。

電子契約による賃貸借契約とは

賃貸借契約書に重要事項説明書など、部屋を借りるには物件を管理する不動産会社に出向いて、対面でご説明を受け、その場で署名捺印するのが当たり前でした。
しかし、急速に時代は進み、アメリカではすでに導入されていた電子契約による賃貸借契約の締結を日本でも普及させようと、国土交通省はある社会実験をおこないました。
その先駆けとして、契約に必要な重要事項をパソコンやスマートフォンのビデオ通話などを介してご説明をおこない、不動産事業者と入居者双方の負担を軽減しようとしたものです。
個人・法人の賃貸取引と売買取引の契約において、合計3,000件を超えるITを活用した重要事項説明書の説明をおこなう実験をおこないました。
この結果、1件のトラブルも起きずに無事に契約締結へと至り、一定の条件下であればITを活用しても支障がないと認められ、さらなるオンライン化が進められたのです。

2022年5月より賃貸借契約は電子契約で完結

IT重説に始まったオンライン化の波はさらに進められ、2022年5月より重要事項説明書、賃貸借契約書など、5つの不動産関連の契約においてオンラインで契約締結できるようになりました。
単純にオンラインで重要事項のご説明を受けて終わりではなく、今までのように本人による署名や、書面が改ざんされない形式のデータを作成することなどが必要です。
これに関しては、国土交通省から電子契約における実施マニュアルが公開されており、電子署名やタイムスタンプの付与によって契約の安全性を守っています。
電子署名とは、データで送られる文書が正式なものであると証明するもので、紙の文書に置き換えると、押印に当たります。
タイムスタンプとは、電子署名では補えない改ざんへの対策で、打刻された時刻以降に文書が書き換えられていないことを証明するものです。
この2つを併用することで、電子契約の安全性は守られ、いつ、誰が、どのような内容の契約を締結したかを明確にすることができます。

賃貸物件でも可能!電子契約のメリットとは?

賃貸物件でも電子契約が可能!電子契約のメリット

国が推進する不動産関連の契約の電子化により、具体的にどのようなメリットを与える結果となったと思いますか?

電子契約のメリット①:日程調整が容易

賃貸借契約を結ぶ際、1番面倒なことといえば、契約締結のために不動産会社に直接出向いて契約しなければならないことではないでしょうか。
電子契約のメリットは、わざわざ対面で契約内容を読み合わせなくても、スマートフォンやパソコンのビデオ通話機能を活用して遠隔地で契約を完結させられる点です。
このメリットは、日程調整が楽なこと以外にも、管理会社へ出向く交通費や時間なども削減でき、無駄な時間を短縮しようという現代に適した契約方法と言えるでしょう。

電子契約のメリット②:費用や資源の削減・時間短縮が可能

紙の文書の場合、原本や写しを渡すために封筒や切手などの費用がかかり、書類に不備があれば何度もかかってしまう費用です。
電子契約では、これらの紙資源や費用を削減するメリットもあり、不動産会社の業務の効率化にも繋がるでしょう。
不動産会社の業務が効率化すれば、入居希望者へのご案内やご説明に時間を割くことができるので、利用する側にとっても大きなメリットです。
また、郵送する必要がなければ、文書が手元に届くタイムロスがなくなり、スピーディな契約締結となることから、入居までの時間を短縮できる可能性が高くなるとも言えます。

電子契約のメリット③:契約書の内容はいつでも簡単に確認できる

紙の文書で渡された賃貸借契約書は大切に保管しておくべき書類ですが、保管したものの、どこに片付けたかわからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。
押し入れやクローゼットの奥にほかの荷物と一緒に片付けると、ふと確認しようと思ったとき、どこにあるかわからなくなってしまう可能性が高いです。
また、契約内容や重要事項の内容を確認しようとするタイミングは日常的にはないので、取り出しにくいところに片付けている方が多く、取り出す手間もかかります。
しかし、データで契約書を保管する電子契約であれば、いつも使っているパソコンやスマートフォンから、いつでも確認したいときに簡単に閲覧することができます。

賃貸物件でも可能!電子契約のデメリットとは?

賃貸物件でも電子契約が可能!電子契約のデメリット

国土交通省がおこなった電子契約に関する社会実験のアンケートでは、デメリットはとくにないとする意見が38%という結果でしたが、実際に施行されてから見えてきたデメリットがあります。

電子契約のデメリット①:インターネット自体に不慣れな方には扱いが難しい

生まれたときからパソコンやスマートフォンがある方にとっては、データの閲覧や保管などは困難ではありませんが、不慣れな方にとっては難しい作業です。
誰もが当たり前に利用していると思っていても、簡単な操作しかできない方も多く、国から電子契約が解禁された今でも従来どおり、紙での契約を望む方はいらっしゃいます。
電子契約は、あくまでもオンラインで完結させることのできる契約方法が従来の方法に追加されただけで、すべての契約が電子化されたわけではありません。
書き換え可能な文書データを保管するのとは違い、電子署名やタイムスタンプなどを併用する形式での取り扱いが必要なため、不慣れな方には電子契約そのものがデメリットに感じられるでしょう。

電子契約のデメリット②:インターネット環境や安全に保管する技術・知識が必要

電子契約はオンラインで契約締結するため、インターネット環境を正しく整備し、安定したビデオ通話をおこない、データを安全に保管する技術が必要となります。
技術というと難しそうに聞こえますが、安定した回線速度の維持やデータを安全に保管する、サイバー攻撃やなりすましへの対策などができるかどうかが重要です。
紙とは違い、データを保管している媒体に不正アクセスされてデータの改ざんや流出が起きてしまったり、データそのものを破損させてしまったりなどのリスクがあります。
また、契約内容のご説明をする際には、双方がコミュニケーションをとれるインターネット環境が整っている必要があるため、回線速度などの知識もある程度必要でしょう。

電子契約のデメリット③:電子契約は全体像が把握しにくい

最後のデメリットは電子ならではのデメリットと言えるものですが、契約書の全体像を把握しにくいという意見があります。
これはスマートフォンなどの画面の小さな媒体から閲覧した場合に起きるデメリットと考えられますが、大型ディスプレイでもなければ、契約書の細かな文字を見開きで閲覧するのは難しいでしょう。
そうなると、ほとんどの媒体で拡大表示するしかなく、契約書全体を見るには適していないとも考えられます。
インターネットに慣れていればデメリットに思わない点かもしれませんが、紙の契約書よりも見えにくいと感じる方がいるのも事実です。

まとめ

不動産関連の契約にも、とうとう電子化の波が押し寄せてきましたが、まだまだ広く浸透しているとは言えない状況です。
電子契約のメリット・デメリットの双方をよく考え、ご自身が安心して契約できる方法を選択してください。

こころ不動産深井店への問い合わせはこちら



≪ 前へ|【2023年版】いつがベスト?一人暮らしを始める年齢別のメリット・デメリット   記事一覧   【2023年版】アパートとマンションの違いって何?どちらが向いている?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


堺市中区八田北町戸建

堺市中区八田北町戸建の画像

賃料
6.9万円
種別
一戸建て
住所
大阪府堺市中区八田北町
交通
深井駅
徒歩26分

堺市中区深阪4丁戸建

堺市中区深阪4丁戸建の画像

賃料
7.5万円
種別
一戸建て
住所
大阪府堺市中区深阪4丁
交通
泉ケ丘駅
徒歩28分

和泉市箕形町1丁目平屋

和泉市箕形町1丁目平屋の画像

賃料
4.5万円
種別
テラス
住所
大阪府和泉市箕形町1丁目
交通
和泉中央駅
徒歩28分

岸和田市額原町戸建

岸和田市額原町戸建の画像

賃料
6.2万円
種別
一戸建て
住所
大阪府岸和田市額原町
交通
下松駅
徒歩12分

トップへ戻る

LINE

来店予約