堺市の新築の賃貸物件|こころ不動産深井店 > こころ不動産 深井店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件での一人暮らしにおすすめの間取りとは?

賃貸物件での一人暮らしにおすすめの間取りとは?

≪ 前へ|これは必見かも(^^♪ パフォーマンス抜群の”人気のスマリオ”の4つの魅力とは(??    記事一覧   子育てファミリーにおすすめの賃貸物件とは?物件の特徴と理由について解説|次へ ≫
カテゴリ:単身(新入生・新社会人)

賃貸物件での一人暮らしにおすすめの間取りとは?

賃貸物件での一人暮らしを考えている方の多くは、ワンルームと1Kの間取りではどちらが良いか?という点でお悩みだと思います。
そこで本記事では、ワンルームと1Kの違いやそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。
一人暮らしの間取りきめでお悩みの方はぜひ参考に賃貸物件を選んでください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

ワンルーム・1K賃貸物件の違いとは?

ワンルーム・1K賃貸物件の違いとは?

ワンルームと1K賃貸物件の違いがわからない方もいると思うので、改めて2つの違いについてご紹介していきます。

ワンルーム

ワンルームとは、ひとつの部屋で構成された間取りです。
玄関から居室までがワンフロアとなっており、お風呂場やトイレ以外に間仕切りがない間取りのことを指します。
一般的に部屋の広さは5畳ほどで、ベッドを置くと部屋の大半が埋まってしまいます。
そのため、一部屋ですべてを完結させたい方や、荷物が少ない方などに好まれており、家賃を抑えたい一人暮らしの方にも人気の間取りです。

1K

1Kとは、ワンルーム+1部屋(キッチン)がついた間取りのことです。
ワンルームでは、玄関から居室がワンフロアになっており、そのなかにキッチンがあります。
一方、1Kでは玄関と居室が間仕切りで仕切られて、その中間にキッチンがあるため、玄関から居室が丸見えになることはありません。
ワンルームに1部屋追加されただけですが、ドアがあることでキッチンがある部屋と居室を分けることができるので、部屋をキレイに保ちたい人などに人気です。

ワンルームと1Kの違い

ワンルームと1Kの違いは、キッチンが居室内にあるかどうかと言う点です。
ワンルームは、トイレやお風呂以外すべて1か所に集まっていましたが、1Kではキッチンが独立しドアで仕切られています。
細かい違いは多少ありますが、基本的にこの1点が大きな違いと思っておいて構いません。

ワンルーム賃貸物件のメリット・デメリット

ワンルーム賃貸物件のメリット・デメリット

ワンルーム賃貸物件に住む場合、具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

まずは、4つのメリットについてご紹介します。
1つ目のメリットは、キッチンが広いという点です。
キッチンは居室と繋がっているので、1Kのキッチンと比較して広々使えます。
また、居室とキッチンの間に壁がないので食事を運んだりするときスムーズに行き来でき、入居時の搬入などもラクラク行えます。
さらに、居室にキッチンがあるのでテレビを見ながら家事をしたり、友達が来た際に会話をしながら料理をしたりできるので、こういった点もメリットと言えるでしょう。
2つ目のメリットは、専有面積に対して開放感がある点です。
ワンルームでは、室内に余計な仕切りがありません。
その分、専有面積に対して開放感が生まれる点も大きなメリットと言えるでしょう。
3つ目のメリットは、部屋の掃除がラクという点です。
壁や間仕切りがないため、居室から玄関まで簡単に掃除ができます。
掃除機をかける場合、ドアがあるとケーブルが引っかかったりしますが、その心配もありません。
また、玄関まで部屋が続いているので、玄関を開けてから掃除すれば換気もバッチリです。
一人暮らしで掃除が苦手という方にはおすすめの間取りと言えるでしょう。
4つ目のメリットは、家賃が安いという点です。
間取りがシンプルで余計なものが一切ないので建築コストも安く済み、結果として家賃が安くなっています。
都会であれば5万円〜6万円、少し田舎になると3万円台で借りられる賃貸物件もあるので、家賃を抑えたい一人暮らしの方にはおすすめです。
家賃が低ければその分、他のことにお金を回せるので生活の質を向上させることも可能です。

デメリット

上記では、魅力的なメリットについてご紹介しましたが、気を付けていただきたい点もあります。
続いては、3つのデメリットについてご紹介します。
1つ目のデメリットは、空調の効きが悪いという点です。
部屋の間に仕切りがなく、玄関まで空調の風が通ってしまうので1Kと比べると空調の効きは悪いと言えます。
また、冬場は玄関などに暖かい風がいき、温度差で結露してカビの原因となってしまうため、この点はデメリットとなります。
2つ目のデメリットは、キッチンのにおいが居室に充満するという点です。
キッチンと居室の間に間仕切りがないため、料理をした際のにおいがダイレクトに流れていってしまいます。
料理をしない方であれば問題はありませんが、少しでも料理する場合は、においの管理や残飯処理などを徹底しなければいけません。
また、水を扱う場所なのでキッチン付近に置ける家具家電が限られてくるのもデメリットでしょう。
そのため、ワンルームの部屋を借りる際はしっかりと間取りをチェックしておいてください。
3つ目のデメリットは、玄関から居室が丸見えという点です。
玄関まで一切壁などがないので、郵便が来た際に室内を見られてしまいます。
とくに、女性は室内を見られると防犯面でデメリットとなることもあるので注意しなければいけません。

1K賃貸物件に住むメリット・デメリット

1K賃貸物件に住むメリット・デメリット

ここでは、1k賃貸物件に住むメリット・デメリットについてご紹介していきます。

メリット

まずは、3つのメリットについてご紹介します。
1つ目のメリットは、キッチンと居室が分かれているという点です。
ワンルームと違い、キッチンと居室の間に間仕切りがあるため料理のにおいが部屋に充満することがありません。
また、部屋が分かれていることで空調から出た風が居室内だけで循環するので、ワンルームと比較して空調の効きが良くなります。
そのため、においの気になる方や暑さ寒さに弱い方にとっては大きなメリットとなります。
2つ目のメリットは、プライバシーを守れるという点です。
居室とキッチンの間に壁があり、玄関からは見えないので部屋が汚れていても安心です。
また、先述したとおり室内が見えないことで防犯にも繋がるのでこの点はメリットとなります。
3つ目のメリットは、部屋をキレイに保てるという点です。
キッチンがある場合、キレイにしていても油汚れや水垢が付近に付着するので、居室をキレイに保つことが難しくなっています。
しかし、キッチンと居室が完全に分かれていることでそういった心配もなくなるので、キレイ好きな方にとっては大きなメリットとなります。
また、居住スペースとキッチンを分けられるので、生活にメリハリをつけられるのも1Kならではのメリットと言えるでしょう。

デメリット

続いて、気を付けていただきたい2つのデメリットについてご紹介します。
1つ目のデメリットは家賃が高くなるという点です。
他の間取りと比べればワンルーム・1Kともに家賃が安い間取りとなりますが、ワンルームと比較して少し家賃が高くなるので、家賃を抑えたい方にとってはデメリットとなります。
2つ目のデメリットは、キッチンが狭くなるという点です。
居室との間にひとつ壁を作ることでデットスペースが生まれるので、どうしてもワンルームのキッチンよりも狭くなってしまいます。
物件によっては冷蔵庫を置く場所がなかったり、洗濯機置き場が横にあったりするので、こういった点がデメリットとなります。

まとめ

一人暮らしにおすすめのワンルームと1Kの間取りについてご紹介しました。
賃貸物件によって間取りはそれぞれですが、それぞれのメリット・デメリットを知っておくことで間取り選びの失敗をなくせるので、ぜひこの記事を参考に物件選びをおこなってください。

こころ不動産深井店への問い合わせはこちら



≪ 前へ|これは必見かも(^^♪ パフォーマンス抜群の”人気のスマリオ”の4つの魅力とは(??    記事一覧   子育てファミリーにおすすめの賃貸物件とは?物件の特徴と理由について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


堺市中区八田北町戸建

堺市中区八田北町戸建の画像

賃料
6.9万円
種別
一戸建て
住所
大阪府堺市中区八田北町
交通
深井駅
徒歩26分

堺市中区深阪4丁戸建

堺市中区深阪4丁戸建の画像

賃料
7.5万円
種別
一戸建て
住所
大阪府堺市中区深阪4丁
交通
泉ケ丘駅
徒歩28分

和泉市上町戸建

和泉市上町戸建の画像

賃料
7万円
種別
一戸建て
住所
大阪府和泉市上町
交通
北信太駅
徒歩9分

堺市堺区綾之町東1丁貸家

堺市堺区綾之町東1丁貸家の画像

賃料
6万円
種別
テラス
住所
大阪府堺市堺区綾之町東1丁
交通
綾ノ町駅
徒歩2分

トップへ戻る

LINE

来店予約